指導

1. 営農指導体制

 平成27年度より、営農指導課は販売部門と一体となり、課名を営農指導販売課として指導、販売の取組み強化及び推進体制の構築を図っている。

 現在は出向く指導体制構築・強化の為の指導業務の効率化、技術の高位・平準化に務めると共に補助事業活用による先進技術の導入及び生産コスト低減を進め、農家の多様化するニーズに対応しつつ反収・所得向上や面積拡大に努めている。

各支店営農センターと農産部営農指導課の営農指導を展開

2. 農家対策特別班(TAF:トータルアドバイザー・ふれあい)

 管内の農業は高齢化が急速に進み、専業農家が減少してきている。しかし、一部では経営規模を拡大していく積極的な中核農家が増加傾向にある。こういった中で、既存の農家形態の育成指導を進めながら、専業農家特に大規模農家への育成指導・支援及び、積極的なJAの利活用等を目的として、TAFの活動を展開していく。

活動内容

  1. 経営コンサルティング【金融相談・財務相談(軽油免税服務)・経営改善計画達成に向けての個別指導・法人対応等】に関すること
  2. 経営事業(主として生産資材)に係わる個別提案型推進並びに指導購買体制における普及推進活動に関すること
  3. 認定農業者・法人・新規農業者(農業公社研修生含む)等に関する相談・育成支援および調査・研究に関すること
  4. 農業者青色申告会、JA青壮年部、後継者育成対策事業に関すること
  5. 町農業経営改善支援センター等各関係機関並びに本・支店各関係部署との一体的な連携推進活動に関すること
  6. その他特に必要と認められること